帽子について : 帽子・ハンチング・キャスケット・キャップ 帽子と服飾雑貨の中初

帽子について:帽子の専門メーカー 株式会社 中初 ハンチング・キャスケット・キャップなど 

帽子の中初帽子 株式会社 中初 ハンチング・キャスケット・キャップ帽子 株式会社 中初 ハンチング・キャスケット・キャップ

〒111-0053
東京都台東区浅草橋 1-36-3
TEL : 03-3861-5208
FAX : 03-3861-4503


 ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ

帽子 株式会社 中初 ハンチング・キャスケット・キャップ帽子の基本用語

帽子名称.png

 ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ天井・トップ
 ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ帽子の頭頂部
 ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ腰・クラウン
 ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ帽子の山の部分
 ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチつば・ブリム
 ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチクラウンから周囲へ差し出た部分。前方へ差し出た場合は「ひさし」(キャップ等)
 ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ頭回り・頭囲
 ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチかぶる際の周囲の長さ
 ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチすべり
 ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ巻きの裏部にあたる頭部に直接接する部分に付ける滑り止めや汗取り等

 ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ

帽子 株式会社 中初 ハンチング・キャスケット・キャップ帽子の主な種類

 ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチキャスケット
元は狩猟時に被られた男子帽。「カスケット」と呼ばれ、仏語で「鳥打帽」の事。英語で言う「ハンティング」にあたり、ハンチングと元は同意。現在ではクラウンの前部の膨れたキャップタイプの婦人帽をおもに「キャスケット」と呼ぶ。
 ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチキャップ
頭にフィットした前ひさしの付いた帽子の総称。16世紀までは従僕や職人など社会的身分の低さを表す物として被られていた。最もベーシックな形は「ベースボールキャップ」と呼ばれる前高型。「クラシック」と呼ばれる前低型やゴルフ等で良く使われるワイド型等種類は多数。
 ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチハンチング
別名「鳥打帽」。クラウンが平らで主に一枚天上。
英国の上流階級の人々が狩猟用に被っていたのが始まり。語源は「ハンティング」。
 ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ中折れ・ハット
元はボーラー(ダービー)の略帽として作られた帽子。ブリム両端が反り返りクラウン中央がへこんだ「ホンブルグ」やクラウン中央に一文字に折れ目の入った「センタークリース」、ブリムが全て上に反れている「オフザフェイス」等、 形状により種類も豊富。
 ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチベレー
ふちの無い丸型の帽子。クラウン頂上につまみのある物が多い。元はフランスとスペインの国境地帯のバスク地方の農民達が被っていた。第二次世界大戦頃から軍隊に普及し始め、現代では世界各国の軍隊において広く用いられている。また画家などの芸術家にも愛用されてきた。
 ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチワッチ
スポーツウェアや防寒用として老若男女問わず被られている頭にフィットしたニット帽。
第二次世界大戦時、米海軍の見張り番が使用していた事で「WATCH(見張り)」と呼ばれる。
 ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチクロッシェ
仏語で「釣り鐘」の意味。鐘の様にクラウンが深く下がり、幅の狭いブリムの付いた婦人帽
 ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチキャぺリン
本来はクラウン上部が平らで波打った大きなブリムの付いた帽子の事だが、広く大きなブリムの婦人帽の総称となっている。
 ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチテンガロン
別名「カウボーイハット」又は「ウエスタンハット」。10ガロン(液体の単位)の水が入るほど大きい事から命名。
 ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチチロリアン
ブリムが狭く、前が下がり後が上がっている。飾りヒモや羽毛などで装飾されている物が多い。
 ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチポークパイ
クラウンの平らなソフト帽。「ポークパイ」と言うお菓子に形が似ていた事により命名。テラピンチハットとも呼ばれている。
 ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチ ハンチング・キャスケット・キャップ・カストロ・カンカン帽・中折帽・ベレー帽・ロングワッチセーラー
ブリムの小さな小型帽。船乗り(セーラーマン)が被る。幅が狭く、上向きのブリムの付いたハットの総称でもある。

帽子 株式会社 中初 ハンチング・キャスケット・キャップ帽子のお手入れ方法

帽子のお手入れにつきまして、まず大事なのは品質表示を確認する事です。
布製の帽子には洗濯できる物もありますが、洗濯機では洗わず、必ず手か柔らかいブラシ等で洗いましょう。

洗濯不可の帽子については、基本的に水に弱い物が多いので普段からこまめなお手入れが重要です。
雨等で濡れてしまった場合は良く乾かして保管しましょう。
ただし、ドライヤーや乾燥機等で急速に乾かすのは変形の原因となりますのでお勧めできません。

汗についても同様で、家に帰ったらまず裏側のスベリ(直接頭部に接する部分)をよく絞ったタオル等で
しっかりと汗を拭き取りましょう。
もちろんその後、しっかり乾燥させてから保管して下さい。とにかく大切なのは乾燥させることです。

濡れている状態で保管するとカビや臭いの原因となるのはもちろん、周りの物に触れて変形して
しまいます。壁などに長時間掛けての保管も変形の原因となるのでお勧めできません。
ハットの場合は逆さにして保管しておくとある程度変形を防げます。専用の箱に入れておけば万全です。

表面に付いた軽い汚れであれば一概には言えませんが消しゴムや食パンでこすると落ちる事があります。
スベリの汚れがひどい時はベンジンを布に染み込ませて拭くと効果的です。

また、ウール等の獣毛製品や天然素材の帽子は特に虫に注意しましょう。
保管の際は防虫剤を一緒に入れておくと良いでしょう。